オライオン ODKシリーズ

ホーム

Orion Top


お問い合せ


オライオン ODKシリーズ

ODKシリーズのF値は6.8。美しいディープスカイから、高分解能を要求する惑星まで、あらゆるターゲットを絶妙なバランスでとらえるフォトビジュアル鏡筒です。撮影・眼視ともすぐれたカタディオプトリック光学系。ODKとは、「Optimised Dall-Kirkham (最適化されたダルカーカム)」の略称です。この光学系は大口径機に適しているので、口径50センチ鏡筒(ODK20)まで用意されています。

眼視はもとより、デジタルイメージングでも大口径のパワーは圧倒的。AGに比べ、より長焦点のODKは、その分解能を利して系外銀河の直焦点撮影に特に適します。 撮影、眼視に関わらず、よい結果を出すには、まず光学系のクォリティーが高いこと、安定した精度の高い工作技術からもたらされる信頼性の高い部品で構成されていることが重要です。主鏡は1/6PVを超えるまで手仕上げで仕上げられた後、社内のZygo干渉計で検査されます。斜鏡にもHilux増反射コートが施され、明るさは従来のコーティングに比べ25%も向上。すべての光学系は、CNC切削加工による信頼性の高い部品でサポートされます。ODKビデオ製作動画

トップ画像は「M77とNGC1055」。ODK12で撮影されたイメージです。これら、ODKシリーズで撮影された素晴らしい天体イメージは、こちらのページでご覧いただけます。

リアセル:大口径ミラーの保持は、カセグレン光学系では一般的な主鏡センター保持。ODK光学系は鏡間距離が固定なので、主鏡移動式鏡筒のようなミラーのアソビが無く、安定した保持ができます。長時間露光の撮影で、より確実な成果に貢献します。


温度順応:主鏡セル内に3個の冷却ファンを配備。観測開始前に電源をつなげぐことで、筒内気流の主原因であるミラーとバッフルの温度をより速やかにクールダウンすることができます。なお、リアセルにファン開口部があるので、そのままでも背面閉鎖鏡筒


平坦で広い像面領域が要求されるフォトビジュアル性能を実現するため、コレクターレンズ(主鏡バッフルに内蔵)は設計されています。色収差とコマ収差を確実に補正し、ほぼパーフェクトな性能を発揮できるよう球面収差も最適化されています。バックフォーカスも十分で、最新のCCDカメラ+付属アクセサリーに十分対応します。さらに、レンズ面にはマルチコートが施され、明るくクリアなイメージが得られます。

カーボン鏡筒:鏡筒には極めて強度の高いカーボンファイバーが採用されています。たわみがなく、無膨張の素材特性により、長時間露光時にも合焦の移動が無く、撮影鏡筒に最適の素材です。


厳格な光軸調整を可能にするため、副鏡にくわえ、接眼部のレベリングも可能な構造です。主鏡と副鏡の鏡間距離は出荷時に正確に調整され、筒外焦点位置など光学的仕様は一台ずつ厳格に調整されています。剛性が高く、寸法変化のほとんどないカーボン鏡筒に加え、全切削による信頼性の高い鏡筒構成部品により、いちど調整された光軸は、しっかりと保持されます。

筒先リング一体型スパイダー: 斜鏡スパイダーとフレームは無垢のアルミ材をCNC切削加工で削り出したモノ構造。強靱なカーボン鏡筒にしっかりと接地されます。これにより強固で安定した副鏡の保持が可能になり、観測、撮影でそのメリットは絶大です。もはやスパイダーは「吊り金具」ではありません。


重要:ご注文時にスパイダーの角度をご指定ください。
ODK鏡筒は、架台に取り付けた状態で鏡筒回転ができません。そのためカメラの左右/天地を、RA(赤径)/DEC(赤緯)に一致させると、輝星の発射線の角度がおのずと決まってしまいます。
スパイダーの方向をRA/DEC軸と平行にする(このページトップの鏡筒画像のスパイダーの角度)
 → プレートを下にして十字、構図の天地をDEC方向に合わせると輝星の発射線は十字。

スパイダーの方向をRA/DEC軸と45°交差にする(左画像のスパイダーの角度)
 → プレートを下にしてX字、構図の天地をDEC方向に合わせると輝星の発射線はX字。

特に指定がない場合、上記の2パターンのいずれかになります。

露よけフード(オプション): 鏡筒と同じカーボンチューブの軽量フード。副鏡セルが筒先に位置するため、副鏡が外気(高湿度)の影響を受けてまれに結露することがあります。フードを装着(着脱は1分!)することで、きわめて有効な結露対策になります。また、迷光防止の効果も併せ持ち、イメージングでのコントラスト向上効果も期待できます。

フード長: 200mm/ODK8、250mm/ODK10、300mm/ODK12、350mm/ODK14、400mm/ODK16

鏡筒プレート: 鏡筒には、架台に装着するダブテールプレート (ロスマンディ互換) と、鏡筒上部の平プレートが標準付属。それぞれ、リアセルと鏡筒バンドの下部・上部に固定されます(左画像)。

デュアルスピード接眼部: 10対1のデュアルスピード仕様。繰り出し量は30mm。フォトビジュアル用途を想定した仕様です。

ODKの優秀な光学系を最大限に引き出すため、より高品質な「ムーンライトCRLフォーカサー」をアップグレードオプション*で用意しています。

* 下蘭の「接眼部アップグレード」で詳述。


合焦装置(アップグレードオプション): 米国ムーンライト社のナイトクローラー接眼部は、接眼部のストロークと回転の両駆動を、フライバイワイヤ電子制御により、圧倒的に正確なポジショニングを実現するエレクトロニックフォカサ―です。極めて正確なポジショニングを、0.26ミクロンンの精度で反復することが要求される大型撮影装置の全自動化を意図した特許取得設計です。

ODK鏡筒対応のWR30の詳細はこちら


スペック

ODK10

ODK12

ODK14

ODK16

主鏡径

250mm

300mm

350mm

400mm

焦点距離

1700mm

2040mm

2380mm

2720mm

F値

6.8

バックフランジ
(リアセル背面から焦点面まで)

213mm

218mm

210mm

216mm

鏡筒単体重量

約12Kg

約19Kg

約26Kg

約36Kg

鏡筒径

300mm

350mm

400mm

450mm

鏡筒長

475mm

615mm

700mm

820mm

鏡筒材質

多層カーボンファイバー

副鏡径

遮蔽率

110mm

44%

126mm

42%

136mm

38%

152mm

38%

ミラーセル

アルミ合金プレートをCNC切削加工によるハニカム構造

フォーカサー

3インチクレイフォード式、10対1デュアルスピード

コレクター構成

3枚構成(マルチコート処理)

平坦像面径(φ)

(光量グラフ)

50mm

グラフ

> 52mm

グラフ

> 52mm

グラフ

> 52mm

グラフ

スポット径
 

(設計性能)

3.5μ(軸上)
6.2μ(リム)

スポット図

1.8μ(軸上)
5.6μ(リム)

スポット図

2.1μ(軸上)
5.6μ(リム)

スポット図

2.4μ(軸上)
6.0μ(リム)

スポット図

イメージ範囲の結像性能

クーリング

主鏡セルに冷却ファン3個内蔵

架台取り付け

付属のダブテールプレート(ロスマンディー互換)による

付属品

フロントキャップ、鏡筒バンド(1本)、ダブテールプレート、ブリッジプレート、2インチ接眼アダプター

オプション品

ファインダー、ムーンライトCRL接眼部 (アップグレードオプション)

税込直販特価
(別途国内送料が必要です)

737,000

⇒ お見積

1,023,000

⇒ お見積

1,287,000

⇒ お見積

1,507,000

⇒ お見積

※ 税込直販特価: 全額前金になりますが、ご注文時のレートを反映させた価格 (最低価格保証) もあります。お問い合わせください。

※ 別途国内送料が必要です。


スペック

ODK20



ODK大口径化のニーズにこたえるべく、口径500mmの光学系をカーボントラスチューブで支持するODK鏡筒を設計。このたび、ESO、ENO天文台に同シリーズを供給しました。おおよその仕様は左記のとおりですが、個別ニーズに応じてカスタマイズされます。

イタリアTaranto出身のGianluca Lombardiは、2007年から、チリ全域でのE-ELT (European Extremely Large Telescope) サイトテストを担います。ESO Education and Public Outreach Departmentは彼の功績を称え、ESO Photo Ambassadorに任命し、天文学を人々に身近にするため、 彼の天体写真のプロモーションを可能な限り支援。彼の天体写真は雑誌、書籍、カンファレンス、展示会等で紹介されています。

上の画像はESOのVLT (Very Large Telescope) に併設されたODK20 です。また、ラ・パルマ島では、Durham and Sheffield大学が運営する、大気乱流のプロファイリングや一過性天文学の研究のため、カスタム設計のODK20 "pt5m" が活躍しています。

GianlucaがODK20やVLTで撮影したすばらしい天体画像はもとより、以下のサイトでは彼が撮った野生動物や風景の画像を見ることができます:

Gianluca Lombardi Photography 1

Gianluca Lombardi Photography 2

主鏡径

515mm

焦点距離

3400mm

F値

6.8

バックフランジ
(リアセル背面から
焦点面まで)

255mm

鏡筒単体重量

(取付プレートを含む)

約61Kg

鏡筒径

-

鏡筒長

1.180mm

鏡筒材質

多層カーボンファイバー

副鏡径

遮蔽率

199mm

39%

ミラーセル

アルミ合金プレートをCNC切削加工による
ハニカム構造

フォーカサー

観測機材に応需

コレクター構成

3枚構成

(広帯域ARコート)
レンズ径75mm

平坦像面径(φ)

(光量グラフ)

52mm

グラフ

スポット径
 

(設計性能)

-

-

スポット図

イメージ範囲の結像性能

クーリング

主鏡セルに
冷却ファン3個内蔵

架台取り付け

搭載架台に応需

付属品

-

オプション品

-

税込直販特価
(別途国内送料が必要)

お見積

※ 税込直販特価: 全額前金になりますが、ご注文時のレートを反映させた価格 (最低価格保証) もあります。お問い合わせください。

※ 別途国内送料が必要です。