ビクセン

株式会社ジズコ

ビクセン トップ

屈折望遠鏡

反射望遠鏡

ポルタII経緯台




お問い合せ

l



ビクセン独自の非球面形成技術による高精度な光学系を擁した反射望遠鏡のラインナップです。コンパクトなカタディオプトリック式は大口径でも取り回しがよく、とくに口径100mmクラスは、初めての方に最適な望遠鏡です。神秘的な土星の輪や、迫力ある月面のクレーターに感嘆すること請け合いです。さらに、口径200mmクラスの鏡筒は、天体撮観望や撮影を趣味とする方に、そのよき伴侶となる資質を秘めています。

 「鏡筒」とは、星からの微弱な光を集めて拡大像を得るため、“高精度に加工された光学レンズや反射鏡”を収めた筒のこと。いわば、天体望遠鏡の本体ともいえる部分です。ビクセンでは、眼視による天体観測、カメラを用いた天体写真の撮影といったシチュエーションの違いや用途に応じて鏡筒を載せ替えたり、より口径の大きな鏡筒にアップグレードしたりできるように、鏡筒単体も多数ラインナップしています。

共通規格でステップアップに対応
 
ビクセンの天体望遠鏡架台は、経緯台のポルタII/ミニポルタ/スカイポッド、赤道儀のGP2/GPD2/SX/SXD2において、鏡筒取り付け部には共通規格の「アリミゾ式(規格)」を採用しています。鏡筒をアップグレードしても、架台はそのまま使い続けることもできます。




ニュートン反射式鏡筒

ニュートンによって発明されて以来、ほとんどその姿を変えることなく天文ファンに使われ続けてきたのがニュートン式反射鏡筒です。天体からの光を放物面の主鏡で集め、副鏡で90度折り曲げて接眼部にみちびく。そのシンプルな構造ゆえに色収差が発生しないのが特長で、視野中心部で捉えた星像のシャープさは何者にも引けをとりません。

・短焦点反射鏡筒として、自信のロングセラー機
ロングセラーモデルとして好評をいただいているR200SSは、口径200mm、焦点距離800mmの短焦点鏡筒です。眼視での観望はもちろん、オプションの「コマコレクター3 R200SS」を使った直焦点撮影に最適です。

・アルミ蒸着による高精度放物面主鏡
R200SSは、外観こそシンプルな短焦点ニュートン式反射鏡筒ですが、その主鏡にはVC200Lの6次非球面主鏡製造時にも用いられているアルミ蒸着方式による膜厚コントロール技術が使われています。この結果、鏡を研磨して精度を高めるという一般的な鏡面加工に比べ、低コストで極めて高い精度の主鏡を製造することに成功。お求め安い価格ながら、いわゆる名人の手による“銘入り鏡”レベルに迫る、非常に優れた光学性能を発揮します。

モデル

R200SS鏡筒

光学系

ニュートン反射望遠鏡

有効径

φ200mm(放物面鏡、マルチコート)

焦点距離(F値)

800mm(F4)

分解能・極限等級

0.58秒 ・ 13.3星

集光力

肉眼の816倍

ファインダー

暗視野7倍50mm 実視界7度

サイズ・重さ

長さ570mm/外径100mm・4.8kg(本体3.4kg)

パーツ取付サイズ

ネジ込み/60mm・42mmTリング用ネジ、
差し込み/31.7mm (*1)

プレート、バンド等

鏡筒バンド、アタッチメントプレートWT

写真撮影

拡大、直焦、コンパクトデジカメ(コリメート)撮影可 (*2)

太陽観察

不可

備考

*1…50.8mm接眼レンズをご使用の際は、別売オプションパーツが必要です。
*2…別途カメラアダプター等が必要です。
ビクセンwebカタログへのリンク

販売価格

R200SS鏡筒 税込特価137,700円


R200S鏡筒におすすめのマウント

R200SS鏡筒は、フィルム撮りの時代から、リーズナブルなアストログラフとして使われてきた実績があります。F4という明るいF値、筒先リング一体型のスパイダー、オフセットされた大きな斜鏡など、アストログラフにふさわしい特徴を挙げることができます。デジタル撮影の時代になり、いっそう高性能なコマコレクター「コレクターPH」が登場し、ビクセンはR200SS鏡筒のアストログラフ化に本気度100%です。結論:R200SSを直焦点撮影に利用しない手はありません!

空間投影面積の大きなニュートン鏡筒は、風など環境の影響を受けやすく、安定して撮影をおこなえるよう、組み合わせるマウントには、余裕のあるiEQ45Pro赤道儀を選びました。とうぜん、ガイドシステムへの発展を前提にしています。
# ガイドシステムのお見立ても承ります。お気軽にどうぞ。

赤道儀


iEQ45Pro

AX103S + iEQ45Proパッケージ

搭載重量20Kgのスケールを持ち、R200SSガイドシステムを余裕で搭載。自動導入、自動追尾はもちろん、独自の「PoleStar Position」メニューで極軸合わせ簡単正確。PCリンク、オートガイダーポートももちろん装備。iEQ45Proは、撮影のための赤道儀といって過言ではありません。

iEQ45Pro赤道儀の詳細は、左の画像をクリックしてください。

パッケージ内容:R200SS鏡筒、スライドバーM、iEQ45Pro赤道儀

税込販売価格:合計489,240円
⇒ パッケージ特価(数量限定) 409,617円




カタディオプトリック式(VMC式)鏡筒

レンズを使う屈折式鏡筒と鏡を使う反射式鏡筒の、それぞれの利点を組み合わせたのがカタディオプトリック式。ビクセンオリジナルのVMC(Vixen original Maksutov Cassegrain)式は、カタディオプトリック式光学系の長所を活かし、大口径ながらコンパクトなボディで、眼視から撮影までに対応する鏡筒です。小口径系列大口径は200mmと260mmの2機種。クリアな視界、特に中心像が非常にシャープなことが特長です。高倍率での惑星眼視観察をはじめ、明るさを活かしたビデオ撮影や微光天体の観察に適しています。

口径が大きいながらも鏡筒全体はコンパクト。扱いやすく、コストパフォーマンスにも優れた2機種、VMC95L、110Lを、天体入門タイプとしてご用意しています。補正レンズを副鏡の前に配置することで、シュミットカセグレン式にあるような補正板を無くして生産コストを下げるとともに本体重量を軽減。また、天体の光をより鮮明にとらえるべく、この補正レンズの表裏、相反する方向から2回通って接眼部に届くよう設計しています。VMC90LおよびVMC110Lは、ミニポルタやポルタII経緯台に載せての気軽な星空散策にうってつけで、気が向いたらすぐに使えます。鏡筒長が短いので、ベランダでの星空観望用に最適です。

モデル

VMC95L鏡筒

VMC110L鏡筒

光学系

カタディオプトリック(VMC)式望遠鏡

有効径

φ95mm 精密球面、マルチコート

φ110mm 精密球面、マルチコート

焦点距離(F値)

1,015mm(F11.1)

1,035mm(F9.4)

分解能・極限等級

1.22秒 ・ 11.7等星

1.05秒 ・ 12.0等星

集光力

肉眼の184倍

肉眼の247倍

サイズ・重さ

長さ360mm/外径107mm・2.0kg(本体1.8kg)

長さ370mm/外径119mm・2.3kg(本体2.1kg)

ファインダー

XYスポットファインダー(等倍)

パーツ取付サイズ

ネジ込み/42mmTリング用ネジ
差し込み/31.7mm(専用フリップミラー内蔵)

プレート、バンド等

専用アタッチメントプレート

写真撮影

拡大、直焦、コンパクトデジカメ(コリメート)撮影可(*1)

太陽観察

不可

備考

*1…別途カメラアダプター等が必要です。
ビクセンwebカタログへのリンク

価 格

 VMC95L鏡筒 税込特価22,464円 

VMC110鏡筒 税込特価25,056円



取り回しやすい、コンパクトな口径200mmVMC鏡筒。特に中心像が非常にシャープなことから、眼視派の方から高い評価をいただいています。また、デジタル一眼カメラとの相性もよく、オプションの「レデューサーVMC」との組み合わせで、星雲星団撮影にも活躍します。

大口径260mm、焦点距離3000mmで、惑星観察や星雲などの微光天体観察、撮影をするのに適しています。主鏡移動式フォーカス調整機構採用により接眼部が固定されるため、一眼カメラやCCDカメラを取付けての撮影の際も安定します。260mm径鏡筒が見せる、大迫力の宇宙をお楽しみください。

モデル

VMC200L鏡筒

VMC260L鏡筒(AXD用)

光学系

カタディオプトリック(VMC)式望遠鏡

有効径

φ200mm マルチコート

φ105mm マゼンタコート

焦点距離(F値)

1,950mm(F9.75)

3,000mm(F11.5)

分解能・極限等級

0.58秒 ・ 13.3等星

0.45秒 ・ 13.8等星

集光力

肉眼の816倍

肉眼の1,380倍

サイズ・重さ

長さ510mm/外径232mm・6.8kg(本体5.9kg)

長さ680mm(合焦ハンドルを含めて720mm)
/外径304mm・12.1kg(本体10kg)

ファインダー

暗視野7倍50mm 実視界7度

パーツ取付サイズ

ネジ込み/60mm・42mmTリング用ネジ
差し込み/50.8mm(*1)・31.7mm(フリップミラー付)

プレート、バンド等

アタッチメントレール仕様、金属製キャリーハンドル

専用大型アタッチメントレール仕様、金属製キャリーハンドル、大型アタッチメント付

写真撮影

拡大、直焦、コンパクトデジカメ(コリメート)撮影可(*2)

太陽観察

不可

備考

*1…50.8mm接眼レンズをご使用の際は、別売オプションパーツが必要です。
*2…別途カメラアダプター等が必要です。
ビクセンwebカタログへのリンク

価 格

VMC200L鏡筒 税込特価127,851円 

VMC260L鏡筒 税込特価435,456円


VMC鏡筒におすすめのマウント

VC200L鏡筒はアプラナート光学系なので、そのままカメラを装着してF9(1,800mm)で、また、「レデューサー2 VC200L」を併用してF6.3(1,278mm)でと、ふた通りの設定で直焦点撮影ができます。後者は、露光倍数こそ1/2になりますが、それでも1,000mmを超える長焦点での撮影になります。投影面積の大きな鏡筒もあいまって、撮影効率(撮影精度)をあげるには、精度・強度ともにすぐれた赤道儀を選択することが肝要です。

おすすめするアトラスEQ-G赤道儀は、搭載重量18Kgと、純正のSXP赤道儀をしのぐスケールを持ち、しかも、はるかにリーズナブルです。GP互換マウントヘッドをもち、ダイレクトでVC200L鏡筒の搭載のほか、「マルチプレートDX」を中心としたガイドシステム* への発展も、純正赤道儀と完全互換なので、初心者の方でも戸惑うことなくシステムアップできます。

* より堅牢なロスマンディー社Dシリーズアクセサリーを利用したシステムもお見立てできます。お気軽にお問い合わせください。

赤道儀



Atlas EQ-G

VMC200L + アトラスEQ-Gパッケージ

搭載重量18KgのアトラスEQ-G赤道儀は、VC200L鏡筒+ガイドシステムを余裕で搭載。ステッピングモーターを分周回路で駆動し、超高速まで幅広い駆動速度を実現。内蔵データーベース&ソフトウエアによるクローズドループ制御のほか、付属のPCリンクケーブルでPCソフトからの制御もおこなえます。

Atlas EQ-G赤道儀の詳細は、左の画像をクリックしてください。

パッケージ内容:VC200L鏡筒、Atlas EQ-G赤道儀

税込販売価格:合計423,540円
⇒ パッケージ特価(数量限定) 373,140円



CEM60

VMC260L + CEM60パッケージ

CEM60赤道儀は、SXP赤道儀の約1.5xの搭載能力を持ち、VMC260L鏡筒を搭載して、観望や惑星観測はもとより、オプションの「レデューサーVMC」を併用した直焦点ガイド撮影にも余裕で対応できます。さらに、本体重量が12.3Kgと軽量なので、移動観測(撮影)の負担を軽減でき、居住地での月/惑星観測にも少ない労力で設置できます。超静粛な駆動音も、居住環境で使うには特筆できるメリットです。
CEM60赤道儀の詳細は、左の画像をクリックしてください。

パッケージ内容:VMC260L鏡筒、DUPSプレート、CEM60赤道儀、5Kgウエイト、2"ステンレス三脚

税込販売価格:合計891,684円
⇒ パッケージ特価 801,100円




カタディオプトリック式(VISAC式)鏡筒

VISACとは、Vixen Sixthorder Aspherical Catadioptric、文字通り6次非球面の主鏡を採用したカタディオプトリック鏡筒のことです。通常の研磨では形成困難な6次非球面鏡を、反射蒸着膜の膜厚をコントロールするというビクセン独自の技術によって実現しています。「VC200L鏡筒」では、バッフル内に3枚のフィールド補正レンズを内蔵、写野全域にわたってコマ収差・球面収差・像面湾曲を極限まで補正、写野周辺で星像15μmを達成しました。

・コストパフォーマンスに優れた、最高峰のフォトビジュアル機

写野全域にわたって収差を抑えたVC200Lは、専用の「レデューサー2VC200L」を使用しての散光星雲撮影や、直焦点でのディープスカイ(系外銀河)の撮影に最適です。極めて高精度の天体追尾を実現するSXPやAXD赤道儀との組み合わせにより、VC200Lの性能を最大限に活かした天体写真撮影にぜひチャレンジしてみてください。


モデル

VC200L鏡筒

光学系

カタディオプトリック(VISAC)式望遠鏡

有効径

φ200mm 6次非球面、マルチコート

焦点距離(F値)

1,800mm(F9)

分解能・極限等級

0.58秒 ・ 13.3等星

集光力

肉眼の816倍

ファインダー

暗視野7倍50mm 実視界7度

サイズ・重さ

長さ600mm/外径232mm・6.9kg(本体6.0kg)

パーツ取付サイズ

ネジ込み/60mm・42mmTリング用ネジ、
差し込み/50.8mm (*1)、31.7mm(フリップミラー付)

プレート、バンド等

アタッチメントレール仕様、金属製キャリーハンドル

写真撮影

拡大、直焦、コンパクトデジカメ(コリメート)撮影可 (*2)

太陽観察

不可

備考

*1…50.8mm接眼レンズをご使用の際は、別売オプションパーツが必要です。
*2…別途カメラアダプター等が必要です。
ビクセンwebカタログへのリンク

販売価格

VC200L鏡筒 税込特価173,340円


VC200L鏡筒におすすめのマウント

VC200L鏡筒はアプラナート光学系なので、そのままカメラを装着してF9(1,800mm)で、また、「レデューサー2 VC200L」を併用してF6.3(1,278mm)でと、ふた通りの設定で直焦点撮影ができます。後者は、露光倍数こそ1/2になりますが、それでも1,000mmを超える長焦点での撮影になります。投影面積の大きな鏡筒もあいまって、撮影効率(撮影精度)をあげるには、精度・強度ともにすぐれた赤道儀を選択することが肝要です。

おすすめするアトラスEQ-G赤道儀は、搭載重量18Kgと、純正のSXP赤道儀をしのぐスケールを持ち、しかも、はるかにリーズナブルです。GP互換マウントヘッドをもち、ダイレクトでVC200L鏡筒の搭載のほか、「マルチプレートDX」を中心としたガイドシステム* への発展も、純正赤道儀と完全互換なので、初心者の方でも戸惑うことなくシステムアップできます。

* より堅牢なロスマンディー社Dシリーズアクセサリーを利用したシステムもお見立てできます。お気軽にお問い合わせください。

赤道儀


Atlas EQ-G

VC200L + アトラスEQ-Gパッケージ

搭載重量18KgのアトラスEQ-G赤道儀は、VC200L鏡筒+ガイドシステムを余裕で搭載。ステッピングモーターを分周回路で駆動し、超高速まで幅広い駆動速度を実現。内蔵データーベース&ソフトウエアによるクローズドループ制御のほか、付属のPCリンクケーブルでPCソフトからの制御もおこなえます。

Atlas EQ-G赤道儀の詳細は、左の画像をクリックしてください。

パッケージ内容:VC200L鏡筒、Atlas EQ-G赤道儀

税込販売価格:合計423,540円
⇒ パッケージ特価(数量限定) 373,140円