ロスマンディー赤道儀 GM811G/GM811GHD

ホーム

ロスマンディー トップ


お問い合せ


 GM8の携帯性と、G11に近い搭載重量を望む方におすすめの一台です。

 赤経には定評あるG11赤道儀の大型ウォームホイールを採用し、赤緯にはより軽量なGM8のウォームホイールを配した、絶妙なバランスを誇る赤道儀です。

 さらに、三脚はGM8用の軽量角パイプ三脚と、G11用の剛性の高い丸パイプ三脚を選べ、いずれもジュラルミン製の二段伸縮式です。




■ クランプ操作のいらない優れた操作性

ロスマンディー赤道儀の最大の特徴は、両軸のクランプにクラッチ機構を採用していることです。そのため、ハーフクラッチで軽快なフリーストップ架台として操作することができます。クラッチ圧は両軸端のクラッチノブで調整可能。内部にスラストベアリングを使用しているため、ウォームホイルの回転に負担のかからない構造になっています。通常の赤道儀では必須の「クランプの固定・解除」を不要にした快適な操作感。また、クラッチ盤の直径がウォームホイルに匹敵する大きさなので、軸重量バランスが極端に不均衡でない限り、フリーストップ操作に適した軸フリクションの状態でも、モーター出力(追尾/任意の駆動速)は正確に両軸の駆動に反映されます。もちろん、長時間露光のガイド撮影や、自動導入装置「ジェミニ2」を使った場合でも、クラッチ圧を高めて軸をロックする必要はありません。ジェミニ2のシンクロ機能を利用すれば、自動導入と軽快なフリーストップ操作を両立することさえ可能です。

クラッチ図解

極軸体末端のクラッチノブ(極軸へネジで噛み込む)を廻することで、ウォームホイルに接しているクラッチ盤への圧力を調節することができます。ウォームホイルは2箇所のスラストベアリングによってサポートされ、クラッチ盤にかかる圧力に関係なくその回転はフリーです。また、クラッチ盤の面積が大きいので、半クラッチ状態でもウォームホイルの回転を赤緯体に伝えることができます(クランプの甘い赤道儀との根本的な違いです)。また、長期運用でクラッチ盤が磨耗しても、ウォームネジとホイルの噛み合いに変化を生じない構造です。


★ 自動導入とフリーストップ操作を併用できる ★

「ジェミニ2は高速自動導入システムだから常にクラッチは締め込んで固定しなければならない。これでは、操作性抜群のフリーストップが使えないではないか!」と、お考えの方がほとんどだと思います。しかし、そんなことはありません。ジェミニ2作動中でもクラッチをゆるめてフリーストップでどんどん望遠鏡を振り回してください。そして、自動導入が必要になった時は、次のような簡単な作業で自動導入にスイッチすることができます。

操作の概要は次のとおり:

1. ジェミニ2の電源を入れ、モデリングで基準星(3星)を導入して「ポインティングモデル」を構築します。これで、精度の高い自動導入が可能になると同時に、極軸合わせの精度に関係なく、正確な追尾がスタートします。

2. フリーストップ操作で観望を楽しみたいときは、両軸のクラッチをゆるめます。天の川領域の掃天や、ギャラクシーホッピングなど、“ドブソニアンテイスト”の観望がおこなえます。

3. 再び自動導入操作に戻るときは、ジェミニ2の「ブライトスター(基準星)リスト」から判りやすい星を選び、フリーストップ操作かモーター駆動で望遠鏡の視野に導入します。そこで、アラインモードに入り「シンクロナイズ」を実行すればOK! 「1.」で構築された「ポインティングモデル」にジェミニ2が復帰します。




■ 大型赤経体と軽量赤緯体の絶妙なバランス

ウォームホイールは超々ジュラルミン、ウォームネジはステンレス製。高周波焼き入れ後歯研ぎをが施されています。構成部品の加工精度が高いため偏芯がきわめて少なく、ジェミニ2による高速駆動の安定性と、最大搭載重量22Kg+を支える基盤となっています。赤道儀の心臓部ともいえる回転部はすべて「転がり軸受け」でサポートされ、高精度と安定性を兼ね備えています。

赤道儀の駆動精度の要となる赤経には大口径のウォームホイールを採用し、駆動精度への影響が比較的小さな赤緯には軽量化されたウォームホイールを採用。この絶秒なバランスが、安定感ある赤道儀より、よりポータブルな赤道儀を実現しました。

360枚歯の大口径ウォームホイールは、このクラスの赤道儀では異例の大スケールで、かつ、偏芯がきわめて少なく、ジェミニ2による高速駆動の安定性と、最大搭載重量22.7Kg+を支える基盤となっています。

ウォームギア

赤道儀の駆動精度に比較的影響が小さい赤緯には、軽量な180枚歯のウォームホイールを採用。三脚を含めた総重量の軽減化に大きく貢献します。


■ 汎用性の高いサドルプレート

ミゾは2段構成で、上段がロスマンディー/ミード互換、下段はビクセンスライドバー互換のプレートを受けることができます。サドルプレート内でダブテールプレートをスライドすることで、鏡筒単体はもちろん、サブスコープを並架したシステムでも、確実に重量バランスをとることができます。

なお、オプションの“G11/GM811用サドルプレート SPDV”もあります。装着をより強固にされたい方はご別途選択ください。


■ 本体はすべて超々ジュラルミン

超々ジュラルミン

素材は#7075。「ジュラルミン」と呼称される素材の中でも最も強度のある、正真正銘の航空機用ジュラルミンです。高精度加工にふさわしい素材なのはもちろん、他のアルミ加工製品とは比較にならない強靱さを有しています。黒アルマイトされた外観は、塗装のように剥離することもなく、長期にわたって美しさを保ちます。


■ 構成部品はすべてCNC旋盤による切削加工

CNC旋盤加工

美しいヘアライン仕上げの外観は、鋳込みによる赤道儀とは一線を画す素晴らしい質感を誇ります。高精度加工により、ばらつきの無い安定した品質を維持できることはもちろん、タップ強度に優れた超々ジュラルミン素材だから可能なコンストラクションです。


■ 回転部はすべてベアリング支持

ベアリングサポート

赤径・赤緯両軸シャフト、ウォーム周りなどの基幹部位はもちろんのこと、極軸方位・高度微動軸など、精度に関係のない回転部位にまでベアリングが内蔵されています。ロスマンディーの機械づくりに対する一貫したポリシーが判ります。


■ 極軸微動部

仰角調整部
方位調整部

極軸調整部は、上下・水平両方向ともタンジェントネジ式。高価な製品でも両ネジ押し式の素朴な構造(ネジタップに負担がかかる)の製品がほとんどですが、ロスマンディーは「タンジェント式微動+固定用ボルト」で構成しています。可動部の接地半径が上下軸で51mm、水平で76mmと大きいので、スムーズな微動操作が行えるのはもちろん、極軸固定の確実性にもつながっています。


■ 両軸ステンレスシャフト

極望視野窓

赤径・赤緯シャフトはステンレス製、外径はφ31.7mm。それぞれ長いシャフトの軸端をベアリングで支持する合理的な構造です。赤経軸シャフトは極軸望遠鏡挿入のためパイプ形状になり、赤緯軸にはその視野を確保するために窓穴が設けられています。


■ バーニャ付目盛環

目盛環

レーザー刻印によるφ127mm大型目盛環を両軸に装備。ほとんどの赤道儀では、目盛環は装飾的な要素でしかない中、正確に使える貴重な目盛環です。極軸は赤径/時角、並列表記。もちろんバーニャ付で高精度読み取りが可能。


■ ジェミニ2コントロールシステム

ジェミニ2 DCサーボコントローラ

ジェミニ 2 システム」は、DCサーボモーター駆動による自動導入コントローラーです。対恒星時1000xを超える超高速駆動まで、広範な速度域で優れたトルクとレスポンスを有する超高性能DCモーターを採用しています。ガイド修正速など超低速領域でさえ、パルスモーターと全く同等のレスポンスを示します。PCとのリンクはもちろん、優れた内蔵ソフトウエアと膨大なデータベースにより、ジェミニ2単独使用でもその高機能に驚かされるでしょう。直感的に操作できる小型ハンドコントローラも特筆できます。


■ 別売可能な脚とオプションケース

● ジュラルミン角パイプ二段伸縮脚

縮長 約650mm、伸長 約1,090mm、ジュラルミン角パイプ二段伸縮。不動点高が890mm(最小値)なので、標準三脚より240mm下げることができ、ニュートン反射望遠鏡の搭載に適します。また、ハーフピラー部が三脚部と一体構造なのに加え、三脚開閉がワンタッチで行えるので、移動観測用にもたいへん便利。三脚自体は約45Kgまで対応します。

重量: 6.8kg

脚単体 税込直販特価 84,240円

● ジュラルミン●パイプ二段伸縮脚

縮長 約650mm、伸長 約1,090mm、ジュラルミン角パイプ二段伸縮。不動点高が890mm(最小値)なので、標準三脚より240mm下げることができ、ニュートン反射望遠鏡の搭載に適します。また、ハーフピラー部が三脚部と一体構造なのに加え、三脚開閉がワンタッチで行えるので、移動観測用にもたいへん便利。三脚自体は約45Kgまで対応します。

重量: 16kg


脚単体 税込直販特価 122,400円

携帯性を増した新型ジュラルミン丸パイプ二段伸縮脚を、より軽快に持ち運ぶための米オライオン社製パッドケース(右写真)。この三脚にピッタリのおすすめオプションです。

● 丸パイプ用: #15160 - パッドケース 1,118 x 305 x 305

税込直販特価15,120円

送料1,296円(離島を除く)





GM811G/GM811GHD赤道儀の仕様

・ 赤道儀本体

ジュラルミン全面切削加工

・ 赤経回転部使用ベアリング

50,8mm & 95.3mmスラスト ニードル ベアリング各 2個、
38.1mmラジアル ニードル ベアリング 2個

・ 赤緯回転部使用ベアリング

50,8mm & 53.3mmスラスト ニードル ベアリング各 2個、
38.1mmラジアル ニードル ベアリング 2個

・ 赤経ウォームホイル歯数

360枚、直径 φ143mm、#7075超々ジュラルミン

・ 赤緯ウォームホイル歯数

180枚、直径 φ71mm、#7075超々ジュラルミン

・ ウォームネジ

ステンレス ウォームネジ(焼入れ・研削仕上げ)、
軸両端ボール ベアリング支持

・ 赤経/赤緯 シャフト径

φ31.7mm

・ 極軸高度調整

タンジェント アーム方式 - 高度調整範囲 6〜68°、高度目盛 2°単位

・ 方位角調整

タンジェント アーム方式 - 両方向 ±8.5°

・ 赤経目盛環

直径 127mm
赤経 4分(1分*)、赤緯 1°(0.1°*) *バ−ニャ読み取り

・ 赤緯目盛環

直径 89mm
赤経 6分(1分*)、赤緯 2°(0.2°*) *バ−ニャ読み取り

・ カウンターウェイト

5kgカウンターウェイト1個付属

・ ウェイトシャフト

シャフト着脱可能、落下防止ワッシャー付き

・ 極軸望遠鏡

南北半球両用パターン、2030年までのパターン (オプション)

・ 赤道儀本体重量

約12.3 kg

・ 最大搭載重量

約22.7 kg


セット価格

GM811G/GM811GHD赤道儀

共通構成

共通構成: 赤道儀本体、自動導入ジェミニ2システム、ジュラルミン丸パイプ二段伸縮三脚、10kgカウンターウェイト、12V電源コード(シガーライタープラグ)、日本語取扱説明書(G11用)

GM811G赤道儀

共通構成+ジュラルミン角パイプ二段伸縮三脚、総重量19.1kg

税込特価448,200円 (送料3,996円、離島を除く)

GM811GHD赤道儀

共通構成+ジュラルミン丸パイプ二段伸縮三脚、総重量28.3kg

税込特価496,800円 (送料4,104円、離島を除く)


オプション

税込直販特価

極軸望遠鏡

9,396円

PSI極軸望遠鏡

17,064円

カウンターウエイト3.2kg

9,720円

カウンターウエイト5kg

16,200円

カウンターウエイト10kg

27,000円

標準ダブテールプレート(ロング)

16,200円

標準ダブテールプレート(ショート)

12,960円(短尺のためストッパーネジ装着不可)


ロスマンディ製赤道儀の場合、[無金利ローン]は適用されません。
また、カードでのお支払いは手数料をお客様にご負担いただきます。
代金引換発送もお受けできませんのでご注意ください。

注文書へ

G11にマッチするおすすめ鏡筒

Hα太陽望遠鏡

大型のHα望遠鏡による本格的な観測に使用できます。

・ コロナド ソーラーマックスIII 90

・ ラント LS100THa

・ ラント LS152THa

屈折望遠鏡

テレビュー社の屈折をはじめ、口径100mm〜150mm、鏡筒重量20Kgクラスまで使用できます。鏡筒長の長い望遠鏡にはオプションの「203mm脚延長筒」が有効です。

・ テレビュー NP101is
・ テレビュー NP127is

・ タカハシ TSA-120
・ タカハシ TOA-130N-S、TOA-150など

鏡筒の取り付けには:ロスマンディー「DUP」

ニュートン反射望遠鏡

口径300mmの英オライオン鏡筒までなら、観望・直焦点撮影とも、充分にこなせます。

・ 英オライオン VX-250
・ 英オライオン VX-300
・ 英オライオン VX-350
・ 英オライオン CT-10
・ 英オライオン CT-12

・ スカイエクスプローラー SE250N CR
・ スカイウォッチャー BKP250/F1000

シュミカセ/マクストフ望遠鏡

口径の大きな望遠鏡群です。セレストロン鏡筒では、直焦点撮影にも活用できます。

・ 英オライオン OMC-200鏡筒

・ セレストロン C9.25AL-XLT、C11AL-XLT、C14-XLT、EdgeHD1400

 (セレストロン鏡筒は、そのまま取り付けできます)

アストログラフ

搭載重量27Kgを利して、大口径鏡筒によるな迫力ある天体イメージングに対応することができます。

・ テレビュー NP101is および NP127is
・ 英オライオン AG8、AG10 および AG12
・ 英オライオン ODK10、ODK12
・ 米オライオン F3.9イメージングニュートン254mm
・ ミード F8ACF鏡筒25 および F8ACF鏡筒30
・ Astro-Tech 10"F8 RC鏡筒
・ Astro-Tech 12"F8 RC鏡筒
・ セレストロンEdgeHD925、EdgeHD1100、11"シュミットアストログラフ 
 (セレストロン鏡筒は、そのまま取り付けできます)
・ タカハシ TOA-130N-FB ・ タカハシ FSQ-130ED ・ タカハシ ε-180D ・ タカハシ CCA-250 ・ タカハシ μ-250CRS

G11に搭載できる鏡筒について:
鏡筒選択の幅を拡張する搭載重量27Kgの中/大型赤道儀。G11は、300mmクラスの大口径アストログラフを使ったディープスカイ撮影から、口径350mmのニュートン/シュミカセによる惑星の高分解能撮影、さらに、さまざまな好みの鏡筒を搭載して、観望から撮影まで本格的に楽しむことができます。搭載限界クラスの鏡筒は重量級で、個人での搭載が困難なことがあり、据付赤道儀としての使用例も数多くあります。



このページのトップへ