ロスマンディー赤道儀 GM8

ホーム

ロスマンディー トップ


お問い合せ





 小・中型赤道儀は扱いやすいように見えても、クランプレバーの操作に難点のある赤道儀がほとんど。両軸ともクラッチ構造のロスマンディGM8赤道儀は、一度クラッチ圧を調整しておけば、あとは鏡筒をも持ってスイスイと導入。たとえれば、ドブソニアンのような感覚で自動追尾付の赤道儀が扱えます。この操作性に慣れてしまえば、他の赤道儀は使う気にならないでしょう。

 また、ワンタッチで鏡筒の載せ替えができるダブテールシステムは、システムバランスを正確にとることができ、スムーズなフリーストップ操作に貢献しています。

 自動導入をお選びの場合、ジェミニ2システムでは、スリップのない正確な導入が約束されます。

 小・中型赤道儀として充分な12Kgの搭載能力を持つGM8赤道儀。このクラス最高の操作性とシステム拡張性、そして高性能を誇ります。





■ クランプ操作のいらない優れた操作性

ロスマンディー赤道儀の最大の特徴は、両軸のクランプにクラッチ機構を採用していることです。そのため、ハーフクラッチで軽快なフリーストップ架台として操作することができます。クラッチ圧は両軸端のハンドルで調整でき、内部にスラストベアリングを使用しているため、ウォームホイルの回転に負担のかからない構造になっています。通常、赤道儀では必須の「クランプの固定・解除」を不要にした操作感の向上は、まさに劇的と申して過言ではありません。また、クラッチ盤の直径がウォームホイルに匹敵する大きさなので、軸バランスが極端に不均衡でない限り、フリーストップ操作に最適な軸フリクションの状態でも、モーター出力が正確に追尾/駆動速に反映します。もちろん、長時間露光のガイド撮影や、自動導入装置「ジェミニ2」を使った場合でも、クラッチ圧を高めて軸をロックする必要はありません。ジェミニ2のシンクロ機能を利用すれば、自動導入と軽快なフリーストップ操作を両立することさえ可能です。

クラッチ図解

極軸体末端のクラッチノブを操作することで、ウォームホイルに接しているクラッチ盤への圧力を調節することができます。ウォームホイルは2箇所のスラストベアリングによってサポートされ、クラッチ盤にかかる圧力に関係なくその回転はフリーです。また、クラッチ盤の面積が大きいので、半クラッチ状態でもウォームホイルの回転を赤緯体に伝えることができます(クランプの甘い赤道儀との根本的な違いです)。また、長期運用でクラッチ盤が磨耗しても、ウォームネジとホイルの噛み合いに変化を生じない構造です。





■ 超々ジュラルミン切削加工による抜群の質感

GM8はG11の弟機。共通部品も多く、極軸の仰角方位調整部は両機とも同じ構成です。
各部の詳細は、G11のページも併せて参照してください。

兄弟機G11との2ショット。おなじ設計ポリシーもとづいたG11とは、ウォームホイールの直径が1/2のほかは、同じ構造を持った弟機です。また、両軸の主軸素材を超々ジュラルミンとし、赤緯軸を若干短縮することで、さらなる軽量化を達成し、移動観測の負担を軽減しています。

GM8の「8」はC8鏡筒の意味。もちろん、まだまだ余裕の搭載能力があるので、組み合わせる鏡筒は多種多様です。 こちらをご参照ください。

ロスマンディーDシリーズ、およびVシリーズ(ビクセン互換)にダブテールプレートに対応するサドルプレートをヘッドに装備。これにより、ほとんどすべての鏡筒を無加工で装着することができます。ネジは直接プレートのは当たらず、ブロックで締め付ける構造なので、剛性が高く、信頼性のある固定ができます。

NCマシーンで高精度に切削された結果:
・ 両軸の直交性が正確
→ エンコーダーやジェミニ2による天体導入を精度で実現。

・ 正確な軸のクリアランス:
→ ラジアル、スラスト両方向に繊細なニードルベアリングの採用で、スリムで軽量化に寄与。

・ ウォームギアの高い勘合精度:
ジェミニ2の高速駆動でも、逃げの無いリジッドなギア構造のまま対応。

登場以来20年以上にわるロングランは、実績と信頼性の証です。

2段伸縮三脚はジュラルミン素材で軽量にもかかわらず高剛性。不動点高の関係でG11にニュートン鏡筒を搭載するときにもおすすめしています。GM8では、不動点高を919mmから1,339mmの間でセットできます(北緯36°)。

3本のステーと、しっかりしたクランプで、開脚が固定できるので、偏加重のかかる赤道儀でもたわみません。ハーフピラー形状の装着部には、メインコントローラ固定アームを装備し、配線や操作に高い利便性をもたらしています。

三脚本体の重量は6.8kgです。

GM8+NP101is


■ 選べるコントロールシステム

パルスモータードライブ

「両軸モーターコントローラー」はパルスモーターによる駆動システムです。追尾速度は恒星時をはじめ4速から、駆動速度は最速対恒星時0.3xから16xまでの6段階可変式。ピリオディックエラー補正回路に加え、赤緯バックラッシュ補正回路を装備。観望から撮影まで広範な目的に高機能で応えます。軽量なハンドコントローラーの操作性も抜群です。

* オートガイダーの接続は

こちらを併用します。

ジェミニ2 DCサーボコントローラ

「ジェミニ2システム」は、DCサーボモーター駆動による自動導入コントローラーです。対恒星時1000xを超える超高速駆動まで、広範な速度域で優れたトルクとレスポンスを有する超高性能DCモーターを採用しています。ガイド修正速など超低速領域でさえ、パルスモーターと全く同等のレスポンスを示します。PCとのリンクはもちろん、優れた内蔵ソフトウエアと膨大なデータベースにより、ジェミニ2単独使用でもその高機能に驚かされるでしょう。直感的に操作できる小型ハンドコントローラも特筆できます。



各部の寸法

赤道儀胴付け面からの寸法(mm)


■ 仕 様

GM8赤道儀本体

・ 本体材質

ジュラルミン全面切削加工

・ 両軸回転部使用ベアリング

50,8mm & 53.3mmスラスト ニードル ベアリング各 2個、
38.1mmラジアル ニードル ベアリング 2個

・ ウォームホイル歯数

180枚、直径 φ71mm、#7075超々ジュラルミン

・ ウォームネジ

ステンレス ウォームネジ(焼入れ・研削仕上げ)、
軸両端ボール ベアリング支持

・ ピリオディクエラー

±10"

・ 赤経/赤緯 シャフト径

φ31.7mm

・ 極軸高度調整

タンジェント アーム方式 - 高度調整範囲 0〜64°、高度目盛 2°単位

・ 方位角調整

タンジェント アーム方式 - 両方向 ±8.5°

・ 赤経/赤緯目盛環

直径 89mm - 赤経 6分、赤緯 2°刻み

・ ウェイトシャフト

シャフト着脱可能、落下防止ワッシャー付き

・ 赤道儀本体重量 (三脚を除く)

約9.5 kg

・ 最大搭載重量

約13.6 kg


セット価格

GM8赤道儀

両軸パルスモータードライブセット

内容: 赤道儀本体、両軸パルスモータードライブ、ジュラルミン角パイプ二段伸縮三脚、3.2kg CW、12V電源コード(シガーライタープラグ)、

税込直販特価

264,600円 (送料3, 024円、離島を除く)
⇒ 台数限定特価 249,480円 (送料3, 024円、離島を除く)

GM8赤道儀

自動導入ジェミニ2セット

内容: 赤道儀本体、自動導入ジェミニ2システム、ジュラルミン角パイプ2段伸縮三脚、3.2kg CW、12V電源コード(シガーライタープラグ)、

 

税込直販特価

464,400円 ⇒ 台数限定特価399,600円 (送料3,024円、離島を除く)


オプション

極軸望遠鏡

税込直販特価9,396円

カウンターウエイト3.2kg

税込直販特価9,720円

カウンターウエイト5kg

税込直販特価16,200円

標準ダブテールプレート(ロング)

税込直販特価16,200円

標準ダブテールプレート(ショート)

税込直販特価12,960円

両軸エンコーダーセット

税込直販特価未定


ロスマンディ製赤道儀の場合、[無金利ローン]は適用されません。
また、カードでのお支払いは手数料をお客様にご負担いただきます。
代金引換発送もお受けできませんのでご注意ください。

注文書へ

GM8にマッチするおすすめ鏡筒

Hα太陽望遠鏡

撮影を主体にする方におすすめ!三脚の開脚が小さい(無伸縮で一辺60cmの正三角形)ので、ベランダで容易にセッティングできます。

撮影にはモーターフォーカスが便利。こちら

・ コロナド ソーラーマックスII 60鏡筒
・ コロナド ソーラーマックスII 90鏡筒

・ ラント LS50THa鏡筒
・ ラント LS80THa鏡筒
・ ラント LS100THa鏡筒

屈折望遠鏡

テレビュー社の屈折をはじめ、口径100mm内外、鏡筒重量10Kgクラスまで使用できます。鏡筒長の長い望遠鏡にはオプションの「脚延長筒」が便利。

・ テレビュー TV85
・ テレビュー NP101is
・ テレビュー NP127is

・ タカハシ FC-100DC/DF/DL
・ タカハシ TSA-102S、TSA-120など

・ ビクセン ED103S、AX103S、ED115S、NA140SSなど

ニュートン反射望遠鏡

200mmのVX鏡筒までなら、観望・直焦点撮影とも、充分に余力を持ってこなせます。VX250(F4.8)鏡筒におすすめのガイドスコープは
こちら

・ 英オライオン VX-150
・ 英オライオン VX-200
・ 英オライオン VX-250(F4.8)

・ スカイエクスプローラー SE200N CR
・ スカイウォッチャー BKP150OTAW
・ スカイウォッチャー CFP200/F800

・ ビクセン R200SS

シュミカセ/マクストフ望遠鏡

GM8で使える口径の大きな望遠鏡群です。セレストロン鏡筒では、直焦点撮影にも活用できます。

・ 英オライオン OMC-140鏡筒
・ 英オライオン OMC-200鏡筒
・ 米オライオン 180mmマクストフカセグレン鏡筒
・ セレストロン C8AL-XLT、C9.25AL-XLT
・ タカハシ μ-210
・ ビクセン VMC200L
・ ビクセン VC200L
・ GSO 200RC鏡筒

アストログラフ

GM8は、本格的な撮影(直焦)専用鏡筒と組んで確実に結果を出せる、高性能赤道儀です。

・ テレビュー NP101is & NP127is
・ 米オライオン F3.9イメージングニュートン203mm
・ タカハシ FSQ-85ED、FSQ-106ED
・ タカハシ ε-130D
・ ビクセン VSD100 F3.8

GM8に搭載できる鏡筒について:
小/中型でも堅牢なつくりのGM8は、搭載能力いっぱい(約12.5Kg)の荷重をかけてもオートガイディングが遂行できるので、特に中口径の屈折望遠鏡とのマッチングに秀でています。ただし、風などの影響を被りやすい反射系の鏡筒は観望主体におすすめします(VX-250F6.3など)。





このページのトップへ