アイオプトロン iEQ30/45

株式会社ジズコ

アイオプトロン トップ

自動導入経緯台
キューブ
ミニタワー
AZマウントPro
iEQ45-AZ

自動導入赤道儀
SmartEQ Pro
CEM25P/CEM25EC
iEQ30/45
CEM60/CEM60-EC

ポータブル赤道儀
スカイトラッカー
スカイガイダー

アクセサリー
スマートフォンアイピース
アダプター




お問い合せ

l



基本に忠実に開発・設計された赤道儀(iEQ30 Pro GEM, iEQ45 Pro)・経緯台(iEQ45 Pro-AZ)

iEQシリーズは、iOptron社のマウント群にあって特にオーソドックスなスタイルです。典型的なドイツ式赤道儀の風貌であり、赤径・赤緯両軸ともクランプがあり、手動旋回が可能な操作性など、ちょっと見て触れただけでは保守的なマウントに思われるかもしれません。圧倒的な静粛駆動を実現した、マイクロステップ駆動のステッパーモーター&独自のベルトドライブ。大画面の「GotoNova」コントローラ+「AccuAligning」極軸望遠鏡による簡単明快な極軸合わせ。マルチスターアラインによる高精度アライメント機能など、中身はiOptorn社ならではの革新性に満ちています。また、大口径ウォームホイールや、太径の回転主軸(鋼鉄)、すべての回転軸に転がり軸受けを採用するなど、機械構造にもiOptornのポリシーが貫かれています。これらにより、高性能、高機能化はもとより、長期にわたる使用にも耐えることができます。

* ベランダや庭など、居住環境での使用が前提の方へ:本機の群を抜いた静音ドライブを、ぜひご一聴ください(デモ中)。


iEQ45 Pro - 旧iEQ45から、モーターの変更、より高ギヤ比の両軸ウォーム、プラグ側面配置、新設計のモーターカバーや三脚ースプレッダなど、随所に改善が施された新型 iEQ45 Pro結果、類のない静音を実現した高速ドライブと滑らかな恒星時追尾、最大搭載重量(メーカー公称:20kg)、搭載部(GP/ロスマンディ互換)、本体重量(11.4kg)、三脚重量(7.5kg)、赤経・赤緯ウォームギアなど、基本性能も充実した赤道儀です。さらに、赤道儀ベースを、オプションの経緯台ベースと組み替えることで、デュアルスコープ搭載の自動導入経緯台 iEQ45 Pro-AZ としても使えるマルチマウントです。


iEQ30 Pro GEM NEW! - 天体撮影の初心者から中級者向けに、アイオプトロン社が新たに開発・設計した次世代の自動導入赤道儀。コンパクトで6.8kgと軽量な本体にくわえ、1.5インチ径ステンレス三脚の重量も4.8kgなので軽快に遠征できます。駆動系を含めた機械的なスケールは、まさにiEQ45 Proの縮小版といえる、繊細な造りの赤道儀です。

両モデルとも、TCXO (温度補償型水晶発振器)による高精度自動追尾、オート保護回路内蔵リバースガイド式ST-4互換オートガイドポート、パーマネントPEC、“AccuAligning”による簡単・迅速な極軸合せ、32チャンネルGPS、ASCOM制御対応のRS232ポート、-20度Cの過酷な環境でも内蔵ヒーターで使用可能なハンドコントローラなど、撮影用赤道儀として大切な機能を備えています。


iEQ30/iEQ45 Proの特徴

★ ダブテール式の鏡筒取り付け

・ 左上はiEQ30Pro、左下はiEQ45Proの赤道儀ヘッドの画像です。

iEQ30 Proは、ロスマンディーVシリーズ(=ビクセンGP互換)のダブテールプレートがそのまま装着できる形状で、2点固定により確実に鏡筒を保持することができます。

鏡筒取り付けアダプター:
→ コロナド太陽望遠鏡/テレビュー鏡筒は GPアダプター
→ ラント太陽望遠鏡は LSダブテール
→ タカハシ鏡筒は ロスマンディー 「VUPS」


・ iEQ45 Proは、ロスマンディーDシリーズ(=ミード互換:図の2)のほか、ビクセンのスライドバー互換(図の1)にも対応。いずれも、2本のクランプでしっかり固定できます(図の3)。強固な固定ができる、汎用性をきわめたサドルプレートです。

取り付けアダプター:
→ コロナド、テレビュー、タカハシ鏡筒は ロスマンディー 「VUPS」または「DUP」
→ ラント太陽望遠鏡は LSダブテール
* ビクセン「アタッチメントプレートWT」および、テレビュー「GPアダプター」は、ガイドレール長の関係で取り付けできません(iEQ30 Proは装着できます)。

★ マイクロステップ駆動によるステッパーモータードライブ

マイクロステップ駆動により、対恒星時1,440xの高速駆動から恒星時追尾まで幅広い駆動速度を、パルス分解能0.09(iEQ30Proは1.4)秒角で実現。大減速のギアが不要なことに加え、無伸縮素材のシンクロナスベルトを介してウォームネジと直結するシンプルな構成で、バックラッシュも最小化されています。

また、ステッパーモーターによる駆動で問題になるモーターの振動もきわめて小さく、作動中のモーターに手を触れても、その振動は「?」のレベルです。

* 左画像は、iEQ45 Proのコントロールユニット内部。モーターの左上に見えているのはGPSモジュールです。

★ 深夜の住宅地でも使える静音ドライブ

高速駆動のマウントは駆動音が大きく、夜間のベランダ観望では最高速を落として使用するなど配慮が必要でした。高速駆動時に発生する耳障りな高い波長の騒音は、おもに減速ギアがその発生源であり、ギア間にシンクロナスベルトを介したiEQ30/45Proは、ギア音が「ゼロ」。したがって、高速で廻すステッパーモーターの音だけが作動音であり、従来の「静音モード」のDCサーボモーター仕様の自動導入機とは比較にならない静音を実現しています。対恒星時1,440xの最高速でも静粛な「心地よい」駆動音です。

★ 大画面で使いやすいハンドコントローラ

北極星の現在の位置角をグラフィカルに表示する「Pole Star Positionメニュー」をはじめ、8行表示の大画面ならではの表現力と情報量で、メニュー操作も簡単。359,000天体が登録された巨大データベースを利用して、自動導入をはじめ、さまざまなメニュー機能を利用することができます。

★ 暗視野照明付の極軸望遠鏡を装備

レチクルパターンはiOptron独自の「AccuAligning」。装着された水準器を水平にすれば時角スケールが正しく表示できます。誰でも簡単に「Pole Star Position」メニューを利用して極軸あわせができます。なお、暗視野照明の電源は、赤径軸上のコントロールユニットから付属のケーブルでとります。

★ ハードケースが付属(iEQ30 Proはオプションで用意)

赤道儀の形に合わせて型抜きされた頑丈な合成樹脂性のハードケースケース。カウンターウエイトを除く、すべての周辺パーツを一括収納できるので、移送のほか、保管にもたいへん重宝します。

* iEQ45Proの注意:オプションの経緯台ベースと交換して経緯台仕様にした場合、ハードケースには収まりません。

★ はじめての方でも安心、日本語取扱説明書付

わかりやすい日本語のクイックマニュアルが付属しています。

便利なオプション「3.5Kgパワーウエイト」 税込特価 19,440円

カウンターウエイトとして重量3.5Kgの付加にくわえ、12V(8Ah)の電源として機能するので、移動観測では一石二鳥の効能で機材を減らすことができます。アダプタースリーブ付で軸径20mm、スリーブを外して軸径28mmのカウンターウエイトバーに装着できます。最大径140mm、長さ140mm。専用充電器、DCコード(5.5-2.1プラグ)付属。

内装のバッテリーは「VRLA(密閉型鉛蓄電池)」でメンテナンスフリー。鉛蓄電池の性格上、初期不良(購入後90日間)のみ保証で対応します。密閉型鉛蓄電池の基本的な使用法(過充電、過放電は厳禁)を守って使えば、長期間にわたって利用できます。

ステラナビゲーターで使える

天文シミュレーション、天体データベース、望遠鏡コントロールほか、バージョン10ではあらたにネットでデータを公開/共有できる機能、などが加わりました。楽しく使えるだけではなく観測にも役立つ定番の天文ソフトウエアです。アストロアーツ社のサポートが受けられるので、安心です。

ステラナビゲーターVer.10:税込特価 12,960円
Ver.10 + 公式ガイドブック:
税込セット特価
16,416円 おすすめ!


iEQ45 Pro-AZ 経緯台

★ 自動導入経緯台としても使えるiEQ45 Pro

iEQ45 Proの赤道儀ベースを、オプションの経緯台ベース (税込21,600円) と組み替えることで、デュアルスコープ搭載の自動導入経緯台「iEQ45 Pro-AZ」として使えるマルチマウントです (左画像)。

また、iEQ45 Proの余裕ある搭載能力を活かし、口径250〜300mmの経緯台式ニュートンシステムを搭載すれば、自動導入による快適な大口径観望を楽しむことも可能です (システム例)。詳しくはお問合せください。

注意) iEQ45 Proの赤道儀ベースを経緯台ベースと組み替える作業は手間と時間を要するため、運用前にセッティングを完了しておく必要があります。また、iEQ45 Pro-AZのセットアップの状態で、標準付属のハードケースに収納することはできません。


仕様と価格


iEQ30 Pro GEM 赤道儀

iEQ45 Pro 赤道儀

形式

ドイツ式赤道儀

ドイツ式赤道儀

搭載重量(公称値)

約13.5Kg

約20Kg

三脚

1.5インチ径ステンレス2段伸縮三脚
(高さ:650〜1,108mm 重量:4.8kg)

2インチ径ステンレス2段伸縮三脚
(高さ:735〜1,195mm 重量:7.5kg)

赤道儀重量

6.8Kg

11.4Kg

搭載方式

ロスマンディーVシリーズ(GP互換サドル)

ロスマンディD/Vシリーズ両用

赤経ウォームホイール

φ110mm、180歯、アルミ合金(軸径40mm)

φ130mm、256歯、アルミ合金(軸径φ50mm)

赤緯ウォームホイール

φ88mm、144歯、アルミ合金(軸径30mm)

φ115mm、226歯、アルミ合金(軸径φ40mm)

駆動部

1.8°ステッパーモータ (128マイクロステップ)、シンクロナスベルトとギアによる減速機構

分解能

0.14" / 1ステップ

0.09" / 1ステップ

駆動速度

1x,2x,8x,16x,64x,128x,256x,512x,MAX(1440x)

PEC

パーマネントPEC(PE検出にはオートガイダーが必要)

仰角/方位調整範囲

0°〜 65°/ ±6°

5°〜 70°/ ±6°

カウンターウエイト軸径

φ20mm

φ28mm

極軸望遠鏡

暗視野照明付AccuAligning極軸望遠鏡(合致精度2分)装備

ハンドコントローラ

GoToNova 8407、8行LCDバックライト画面、358,000天体

通信ポート

RS232(ASCOM互換プロトコル)

オートガイダーポート

ST4互換(6ピンモジュラ *)

* TTLレベル出力のオートガイダーのみ対応します。ピン配列に互換性があっても、リレー出力を持つオートガイダー(たとえば、タカハシ製作所製品)を接続すると、故障の原因になることがあります。

GPS

32チャンネルレシーバー内蔵

電源

消費電力:0.4A(追尾), 0.6A(自動導入)
必要電力容量:DC12V, 2A以上

消費電力:0.45A(追尾), 0.75A(自動導入)
必要電力容量:DC12V, 2A以上

標準付属品

12V-2A ACアダプター、シガーライターケーブル(DC電源用)、4.5kgカウンターウェイト1個、延長ウエイトシャフト(185mm)、ハンドコントローラ、極軸望遠鏡レチクル照明ケーブル、RS232ケーブル

12V-2A ACアダプター、シガーライターケーブル(DC電源用)、5kgカウンターウェイト2個、ハンドコントローラ、極軸望遠鏡レチクル照明ケーブル、RS232ケーブル、ハードケース

オプション

● 3.5kgパワーウェイト、12V-8Ahバッテリ内蔵、充電器、出力コード付属(税込19,440円)

4.5kgカウンターウェイト (税込7,236円)

● iEQ30専用ハードケース(税込22,680円)

● 3.5kgパワーウェイト、12V-8Ahバッテリ内蔵、充電器、出力コード付属(税込19,440円)

● 5kgカウンターウェイト(税込8,208円)

● 9.5kgカウンターウェイト(税込19,440円)

● iEQ45用延長シャフト、241mm(税込7,560円)

● iEQ45 Pro経緯台ベース(税込21,600円)

● サブサドルシャフト(経緯台用:税込28,080円)

● 42"ピラー、1,050mm高、重量10kg(税込58,000円)

● 203mm長脚延長筒(税込24,840円)

#15146 パッドケース - 三脚をすっぽりと収納でき、持ち運びに便利な米オライオン社製パッドケース

セット価格

iEQ30 Pro GEM 赤道儀ケース付
税込特価194,400円
(税抜180,000円)

iEQ45 Pro 赤道儀ケース付

税込特価267,840円
(税抜248,000円)



iEQ30Proにマッチするおすすめ鏡筒

Hα太陽望遠鏡

撮影を主体にする方におすすめ!三脚の開脚が小さい(無伸縮で一辺60cmの正三角形)ので、ベランダで容易にセッティングできます。

撮影にはモーターフォーカスが便利。こちら

コロナド ソーラーマックスII 60鏡筒

ラント LS50THa鏡筒
ラント LS60THa鏡筒
ラント LS80THa鏡筒
ラント LS100THa鏡筒

屈折望遠鏡

テレビュー社の屈折をはじめ、口径100mm内外、鏡筒重量10Kgクラスまで使用できます。

テレビュー TV85
テレビュー NP101is

タカハシ FC-76DS、FC-100DC/DFなど
ビクセン ED103S、AX103S、ED115Sなど

ニュートン反射望遠鏡

200mmのVX鏡筒までなら、観望・直焦点撮影とも、充分に余力を持ってこなせます。おすすめのガイドスコープは
こちら

英オライオン VX-150鏡筒
英オライオン VX-200鏡筒

取り付けは「GP互換プレート(上のページ内で紹介)」

スカイエクスプローラー SE150N
・ スカイウォッチャー BKP150OTAW
・ スカイウォッチャー CFP200/F800

シュミカセ/マクストフ望遠鏡

iEQ30Proで使える口径の大きな望遠鏡群です。セレストロン鏡筒では、直焦点撮影にも活用できます。

英オライオン OMC-140鏡筒
米オライオン 180mmマクストフカセグレン鏡筒
・ セレストロン C8AL-XLT、C9.25AL-XLT
上記の鏡筒は、そのまま取り付けできます。

アストログラフ

iEQ30Proは、本格的な撮影(直焦)専用鏡筒と組んで確実に結果を出せる、高性能赤道儀です。

テレビュー NP101is
米オライオン F3.9イメージングニュートン203mm
タカハシ FSQ-85ED
タカハシε-130D
ビクセン VSD100 F3.8

iEq30Proに搭載できる鏡筒について:
マウント自重が軽い(6.8Kg)ので、公称搭載荷重以下であっても、大きな外径の鏡筒や長い鏡筒を持つ望遠鏡は、風などの影響を被りやすくなり、撮影目的にはおすすめしません。iEQ30Proはその軽量を利して、かさばらない鏡筒とペアで遠征するガイド撮影(屈折系アストログラフがベスト)や観望、また、居住環境での気楽な撮影や観望など(超静音ドライブが有効)、小型赤道儀の軽快さで効率よく使えます。


iEQ45Proにマッチするおすすめ鏡筒

Hα太陽望遠鏡

中型のHα望遠鏡をフォト・ビジュアル観測に使用できます。

コロナド ソーラーマックスII 90鏡筒
ラント LS100THa鏡筒

取り付けアダプター:
→ コロナドは ロスマンディー「DUP」
→ ラントは 「LSダブテール(付属)」

屈折望遠鏡

テレビュー社の屈折をはじめ、口径100mm〜、鏡筒重量15Kgクラスまで使用できます。鏡筒長の長い望遠鏡にはオプションの「203mm脚延長筒」が有効です。

テレビュー NP101is
テレビュー NP127is

・ タカハシ FC-100DC、TSA-102S、TSA-120、TOA-130など
・ ビクセン ED103S、AX103S、ED115S、NA140SSなど

鏡筒の取り付けには ロスマンディー「DUP」

ニュートン反射望遠鏡

250mmのVX鏡筒までなら、観望・直焦点撮影とも、充分にこなせます。おすすめのガイドスコープは
こちら

英オライオン VX-250鏡筒
英オライオン CT-250鏡筒

スカイエクスプローラー SE200N CR
・ スカイウォッチャー CFP200/F800、BKP250/F1000
ビクセン R200SS

シュミカセ/マクストフ望遠鏡

iEQ45Proで使える口径の大きな望遠鏡群です。ビクセン/セレストロン鏡筒は、直焦点撮影にも活用できます。

英オライオン OMC-200鏡筒

米オライオン 180mmマクストフカセグレン鏡筒

・ セレストロン C8AL-XLT、C9.25AL-XLT、C11AL-XLT*

 (セレストロン鏡筒は、そのまま取り付けできます)

ビクセン VMC200L/VMC260L
ビクセン VC200L

アストログラフ

搭載重量20Kgなので鏡筒選択の幅が拡がり、「撮影専用赤道儀」として、多目的な撮影に対応することができます。

テレビュー NP101is および NP127is
英オライオン AG8鏡筒
英オライオン ODK10鏡筒
米オライオン F3.9イメージングニュートン203mm & 254mm
ミード F8ACF鏡筒25
・ セレストロン EdgeHD800、EdgeHD925、EdgeHD1100
タカハシ FSQ-106ED、FSQ-130ED
タカハシε-130D、ε-180D
ビクセン VSD100 F3.8

iEq45Proに搭載できる鏡筒について:
鏡筒選択の幅を拡張する搭載重量20Kg(公称)の中型赤道儀。しかも、移動観測を容易にする自重11.4Kgのクラス最軽量。iEQ45Proは、アストログラフを使ったディープスカイ撮影から、口径250mmクラスの大口径望遠鏡による惑星の高分解能撮影、さらに、幅拡い鏡筒の選択肢を利して、観望から撮影まで長期にわたって楽しむことができる赤道儀です。