カーボンニュートン>アストログラフシリーズ

ホーム

Orion Top


お問い合せ


アストログラフニュートン(ビッグパラコア2統合) F3.45, F4.0

 アストログラフシリーズは、フォトビジュアルシリーズの撮影機能をさらに発展させたラインナップです。口径250mm、300mm両モデルとも、「F3」または「F3.5」という超単焦点パラボラミラーを装備。さらに、コマコレクターに3"の大型バレルを持つ「ビッグパラコア2」を採用。眼視観望にも耐える結像性能のまま、イメージサークルφ52mmを確保。フルサイズチップによるイメージングに対応しています。

 高剛性で軽量なカーボンチューブは、フォトビジュアル、およびスタンダードシリーズと同品質ですが、短鏡筒のため、たわみ耐性がさらに向上しています。強度の高い鏡筒とバンドプレート、主鏡セル、カーボン羽根スパイダーなど、フォトビジュアル仕様と共通の高品位/高剛性パーツを採用しています。また、250mmモデルでは、フォトビジュアルシリーズより鏡筒径を大きくし、入射光路のケラレや内部散乱光の軽減に配慮しています。

 アストログラフシリーズでは、3"径のバレルを持つビッグパラコア2のために、3.6"の大型ドローチューブを持つ「CXL接眼部(ムーンライト社製)」を装備しています。これをステッパーモーターで駆動し、PCリンクでオートフォーカスも可能。直焦点撮影に最適化した仕様で提供します(アイピース観望にも、通常のモーターフォーカサーとして使えます)。

 アストログラフシリーズは、調整が容易なニュートン反射系アストログラフでは、もっとも明るく(ハイスピード)、かつ、リッチフィールド撮影が可能です。淡いディープスカイ天体の圧倒的な諧調表現を実現する、大口径ハイエンドアストログラフです。



光学系

F3パラボラ主鏡:

面精度λ/8(波面誤差1/4PV)
Zaygo干渉計測定表添付
Hiluxコーティング

・口径250mm、焦点距離750mm(875mm)
→ ビッグパラコア2使用時の実効焦点距離: 焦点距離863mm(F3.45)

・口径300mm、焦点距離900mm(1,050mm)
→ ビッグパラコア2使用時の実効焦点距離: 焦点距離1,035mm(F3.45)

F3.5パラボラ主鏡:

面精度λ/8(波面誤差λ/4)
Zaygo干渉計測定表添付
Hiluxコーティング

・口径250mm、焦点距離875mm
→ ビッグパラコア2使用時の実効焦点距離: 焦点距離1,006mm(F4.0)

・口径300mm、焦点距離1,050mm
 
→ ビッグパラコア2使用時の実効焦点距離: 焦点距離1,208mm(F4.0)

アストログラフシリーズのパラボラ主鏡は、F3、または、F3.5 の2つのF値を選べます。いずれも、英オライオン社の特別研磨による超単焦点ミラーです。高反射率Hiluxコート仕様。Zygo干渉計による測定表を添付して、精度を保証しています。

波面誤差1/4PVは、ディフラクションリミット(分解能限界)をクリアする精度です。すぐれた光学性能が要求されるのは、観望のみならずデジタルイメージングでも同じ。さらに、組み合わせるコマコレクターの性能を完全に発揮させるためにも、パラボラ主鏡の精度は重要です。

ビッグパラコア2

F3やF3.5のパラボラミラーは、これまでほとんど利用されたことのない短焦点鏡です。その理由は、深い曲率によるパラボラ整形の困難さはいうまでもなく、単独で強烈なコマ収差を発生することにあります。

左上の図は、F3からF5までの各パラボラミラーのコマ収差による結像の劣化を表したグラフです。F3ミラーを例にとると、ディフラクションリミットの結像はほぼ視野中心のスポットのみで、光軸中心から1mm離れれば約10ミクロン、5mmで約50ミクロンに星像は拡散していきます。この数値は、超高倍率の視野でさえ、コマ収差が目障りなるレベルです(視野環径10.4mmのイーソス6mmで見る視野周辺の星像は、50ミクロンのコマ収差像を42xに拡大した像)。つまり、単体では天体観測に使用困難な結像性能を持ったミラーです。

左下の図は、F3パラボラミラーにビッグパラコア2を使用した結像性能を示したグラフで、上のグラフの底部のみを拡大した領域を表します。グラフの横軸にあたるφ40mmの視野範囲の全域で4ミクロン以下の結像性能を示し、エアリーディスク径で規定されるディフラクションンリミットの結像をφ26mm(ほぼ1 1/4"アイピースの最大実視界)の範囲で実現しています。広視界の眼視および撮影では、エッジまでほぼ完全な点像を、高倍率/強拡大の眼視、撮影では口径相応の分解能を発揮することが可能です。

F3パラボラミラーは、ビッグパラコア2により、パラボラミラー本来のシャープネスを、広い視野範囲で実現することができます。

撮影機材の接続は「こちら」を参照してください。




鏡筒の特徴

アストログラフに最適なカーボン鏡筒

本機に採用したカーボン鏡筒は、炭素繊維強化プラスチック(CFRP)素材によるハイグレードなカーボンチューブです。鏡筒の前後を肉厚(最大4mm超)に成形することで、接眼部と斜鏡スパイダー、および主鏡セルの装着をよりいっそう強化しています。さらに、各部の肉盛を最適化して、バンド保持でのたわみを防止しています。上の全景画像の微妙な反射光の諧調から、その様子が判ります。また、型抜き成型により内径が真円なので、正確な光学アライメントが可能です。

カーボンチューブは「軽量(比重1.5)で高剛性(鉄の約2倍)」という、相反する要素を両立し、さらにきわめて小さな熱膨張率など、大口径アストログラフには理想的な鏡筒素材です。

ムーンライト社CXL3.6"接眼部(ステッパーモーター仕様)標準装備:

ムーンライトCXLフォーカサーは、ドローチューブ内径φ3.6インチ(91mm)にもおよぶ超大型接眼部です。付属する3"スリーブアダプターにより、「ビッグパラコア2」に対応します。

CXLフォーカサーは、ムーンライト社の精度基準によって造られた最大スケールの接眼部です。定評ある高精度オペレーションはそのままに、高負荷に耐える強度/剛性を実現しています。

短焦点アストログラフでは“像面のレベリング不良”が星像劣化の大きな原因になります。CXLフォーカサーは、レベリング調整メカニズムを持つことに加え、ガタやアソビがゼロのクレーフォード式。高剛性/低膨張カーボン鏡筒とあいまって、アストログラフとして理想的な接眼部を構成して4います。

さらに、合焦メカニズムは「ステッパーモーター仕様」とし、「MiniV2コントローラ」を標準装備。PCリンクで、高分解能のハーフステップ駆動や、合焦の自動化(オートフォーカス)が可能。オプションの「2-Speed DROコントローラ」仕様は、PC無しでパルスステップを管理/制御でき、合焦ポイントの数値化や温度補正、ハーフステップ駆動が可能です。詳細は「こちら」を参照してください。

適切な遮蔽率に配慮した斜鏡径:

ビッグパラコア2は、1.15xの拡大率により焦点引き出し効果をもち、短焦点ニュートンでも極端に大型の斜鏡を要求しません。過大な遮蔽率は像コントラストの低下をもたらすので、アストログラフ(直焦点撮影専用鏡筒)といえども、遮蔽率の設定は重要なポイントです。

アストログラフシリーズでは、フル光量域φ約30mmが得られる斜鏡径に設定し、オフセット取り付けにより、ビッグパラコア2のφ52mmのイメージサークル外縁で約70%弱の光量が得られる設計です。オプションで、さらに大型斜鏡も用意。撮影ターゲットに応じて最適な仕様を選択できます。

なお、この斜鏡掩蔽率は一般的なSCやACF、RC系などカタディオプトリック光学系に比して小さく、アイピース観望にも充分な成果を期待できます。

左図は300mmF4.0モデルでの掩蔽率(対主鏡直径比 2.7:1)を示します。

カーボン羽根2重スパイダー:

1mm厚のカーボン羽根を12mm間隔で平行に配した4本羽根構造。羽根素材にカーボン(CFRP)を使用した高剛性スパイダー。光軸調整部は、中心に引きねじ、十字配置の押しねじ(4本)により、調整が容易でずれにくい構造です。

単羽根スパイダーに比べ、構造物として安定ているので、飛躍的にたわみが減少し、高剛性のカーボン鏡筒とあいまって、ニュートン鏡筒としては屈指の剛性を誇ります。さらに、オプションとして、光軸方向にもう一本の二重スパイダーを重ね配置する「スタックスパイダー」仕様も承ることができます。

なお、輝星の発射線は、従来の1本羽根十字スパイダーと同じ十字線(複十字ではありません)。

完全シースルーセル:

主鏡セルは、主鏡全面が外気に触れる完全なシースルー構造です。さらに、鏡周と鏡筒内壁の間に空間があるので、鏡筒に煙突効果 - 熱源の主鏡が筒内に強力な上向気流を発生させ、外気が鏡筒の後端から促進的に流入し筒先から放出される状態 - が発生します。主鏡が丸裸の状態で外気の流れの中に置かれるので、温度順応が速やかに進行します。この作用により、温度順応に要する時間は、トラス式鏡筒よりはるかに速やかです。装備された冷却ファンは、外気を直接主鏡に当てるので、加速度的に温度順応を促進することもできます。

順応後はキャップをはめて筒内気流を安定させ、同時に背面からの光も遮蔽して撮影準備が整います。主鏡の温度が外気に順応していない状態では筒内気流が発生し、これによる星像肥大は、シーイング条件による劣化より甚大です。撮影でも望遠鏡の温度順応はきわめて重要です。

主鏡は、6個のパッドにシリコン樹脂で接着固定なので、ミラー前面に爪がなく、回折による星像のイレギュラーなハレーションは発生しません。

左:300mmアストログラフの主鏡セル(冷却ファンを外しています)

CNC切削鏡筒バンド + ロスマンディー互換ダブテールプレートDTP-14:

アルミ合金板をCNCマシーンで切り出し、高精度に仕上げた切削加工による鏡筒バンド。厚み16mm。鏡筒保持部は真円であり、正確なフラット面でプレート(オプション)に密着。トルク付加が容易な大型グリップをもち、ダイキャスト素材をしのぐ高い剛性で鏡筒をホールドできます。

組み合わせるプレートは、ロスマンディー 「DTP-14」。ロスマンディー(G11、Titan)、アイオプトロン(CEM60)、スカイウォッチャーEQ8などの赤道儀へワンタッチで装着できます。長いDTP-14により、2本のバンドの間隔が345mmになり、安定した鏡筒ホールドが可能です。さらに、バンド上部にブリッジプレートとしてもう1枚DTP-14を装着することもできます。



仕 様

モデル

250mmアストログラフ

300mmアストログラフ

光学系

ニュートン反射式短焦点アストログラフ(コマコレクター統合)

コマコレクター

テレビュー社製 「ビッグパラコアタイプ2

主鏡

φ250mm(放物面鏡)

波面誤差1/4PV以内保証、Hiluxコーティング

φ300mm(放物面鏡)

波面誤差1/4PV以内保証、Hiluxコーティング

焦点距離、F値

ビッグパラコア2併用値

F3主鏡: 863mm、F3.45

F3主鏡: 1,035mm、F3.45

F3.5主鏡: 1,006mm、F4.0

F3.5主鏡: 1,208mm、F4.0

集光力(対肉眼)

1,276x

1,837x

分解能・極限等級

0.46"・13.8等星

0.38"・14.2等星

斜鏡

F3主鏡: 短径100mm(オプションで110mm)

F3主鏡: 短径120mm(オプションで130mm)

F3.5主鏡: 短径90mm(オプションで100mm)

F3.5主鏡: 短径110mm(オプションで120mm)

主鏡セル

ミラー背面6点接着保持(ミラ前面爪無し)、
シースルー構造、60mm冷却ファン装備

ミラー背面6点接着保持(ミラ前面爪無し)、
シースルー構造、80mm冷却ファン装備

斜鏡支持方式

カーボン羽根二重スパイダー、
斜鏡金具:斜鏡背面接着保持、押しネジ4本(x-y)、引きネジ1本の傾斜調整

接眼部

ムーンライト社製 CXL接眼部ステッパーモーター+MiniV2コントローラ仕様

鏡筒バンド・プレート

アルミ合金製(ダイキャスト成型)、
ロスマンディー「DTP14」ダブテールプレート

アルミ合金製(CNC切削加工)、
ロスマンディー「DTP-14」ダブテールプレート

ファインダー

9x 50mm(暗視野照明付)

鏡筒素材

カーボン繊維強化プラスチック(CFRP)

サイズ・重量
カッコ内はF4.0仕様)

鏡筒外径 約305mm 、鏡筒長 約800mm(900mm)、
鏡筒重量 約8Kg

鏡筒外径 約350mm 、鏡筒長 約980mm(1,100mm)、
鏡筒重量 約14.Kg 

付属品

ビッグパラコア2、鏡筒キャップ(前後)、9x50ファインダー(暗視野照明付)、鏡筒バンド、プレート、

販売価格

F3.45アストログラフ:

F3主鏡装備

税込直販特価999,640

税込直販特価1,231,200

F4.0アストログラフ:

F3.5主鏡装備

税込直販特価966,600

税込直販特価1,198,800円

いずれも別途送料が掛かります。

アストログラフニュートン鏡筒は、カスタム構成の受注生産品です。受注時に50%の前金をお支払いただきます。本商品は、オーダーメイドにつき、キャンセルの受付ができません。万一、お客様の事情で受注後に解約を承るとき、前金の50%はキャンセル料としてお支払いいただきますのでご注意ください。

オライオン社製ニュートン鏡筒は無金利ローンは適用されません。また、カードでのお支払いは手数料をお客様にご負担いただきます。代金引換発送もお受けできませんのでご注意ください。

ビッグパラコア2以外の補正レンズについて: アストログラフシリーズは、ハイエンド撮影鏡筒として、市場にある様々なニュートン用補正レンズ(例:ウエインコレクター、コマコレクター、レデューサーコレクターなど)に最適化した制作も承ります。詳細はお問い合わせください。


アストログラフのバリエーション:

アストログラフシリーズは、ご要望により、さまざまな仕様変更を承ることができます。たとえば、コマコレクターを「ビッグパラコア2」から「パラコア2」に、接眼部を「CRL」または「CR」に変更。など、基幹パーツの差し替えはもとより、ファインダーの装着位置の指定や、複数のファインダー台座の装着、ブリッジプレートの追加、ガイドスコープの同架、など。ユーザーの使用目的に合わせたシステムの構築をサポートいたします。お気軽にご相談ください。

なお、2インチ仕様のパラコア2と、2インチ接眼部CRへの変更は、イメージサークルこそAPS-Cフォーマットまでに縮小しますが、システム全体の軽量化に加え、接眼部のレベリング調整も容易になり、初心者の方でも手軽に撮影を楽しめ、高品位な天体画像をゲットできる「アストログラフライトバージョン」としておすすめできます。








ダブルスタック カーボンスパイダー


アップグレード価格

標準装備の二重スパイダーに追加し、スパイダーを光軸方向に2段スタックすることで、いっそう高剛性になり、大型の斜鏡を安定してサポートできます。短径100mmを超える大型斜鏡のさらなる安定保持に推奨します。

なお、ダブルスタックスパイダーは、斜鏡金具の保持方法が標準仕様と異なるため、ご購入後のアップグレードはできません。

250mm鏡筒 税込特価19,440円

300mm鏡筒 税込特価23,760円



斜鏡大型化


アップグレード価格

短径(標準 → 大型)

対象鏡筒

標準仕様との差額

90mm → 100mm

250mm F4.0アストログラフ

CRC税込特価8,640円

100mm → 110mm

250mm F3.45アストログラフ

110mm → 120mm

300mm F4.0アストログラフ

120mm → 130mm

300mm F3.45アストログラフ

上記サイズ以外の斜鏡大型化は、お問い合わせください。